セロトニン活性トレーニング
  • ホーム
  • アロゥの思い
  • ラウンジ
  • セロトニン活性トレーニング
  • 大人のくもん脳の健康教室
  • お問い合わせ

アクセス

大人のくもん
脳の健康教室
〒657-0036
兵庫県神戸市灘区桜口町4丁目1-1
ウェルブ六甲道4番街1番館401-1号
  • 078-862-3115
  • JR六甲道駅より徒歩4分
    阪神新在家駅より徒歩2分
  • 阪神バス・神戸市バス
    灘区役所前(桜口)徒歩すぐ

大きな地図で見る

くもんブログ

セロトニン活性トレーニングについて…

“心に効くセロトニン活性トレーニング”

人間の行動はすべて脳で判断を行っているために、その働きが正常に機能しないと、正しい行動ができなくなります。その結果、暴飲暴食からメタボになったり、過食や運動不足から糖尿病になったり、ストレスから高血圧になってしまう、いわゆる生活習慣病になります。これらは脳の機能の低下から起こっているのです。そうならないように脳の働きを助けているのがセロトニン神経なのです。

笑顔の老夫婦

『脳全体をコントロールするセロトニン神経』は、脳の中心である脳幹のさらに中央部分の縫線核(ほうせんかく)というところにあり、人が人として生きるためのあらゆる神経細胞に結合し、脳全体に影響をあたえています。現代の医学では、セロトニン神経は脳の神経細胞を活性化させ、元気にさせる働きがあることが分かっています。脳の機能の低下を防ぐためは、日常生活の中でセロトニン神経を活性化させることが重要です。セロトニン神経がある縫線核(ほうせんかく)の周囲には、歩行、咀嚼(そしゃく)、呼吸、などのリズム運動を司っている中枢があります。このリズム運動を正常化させ、継続させることがポイントなのです。それには、早寝早起きをして日中は太陽の光を浴びながら散歩をするなど、規則正しい生活のなかで、「意識して行うリズム運動」こそが、セロトニン神経を活性化させるのにとても重要な役割をもっているのです。身体にも変化が現れ、心も身体もすっきり軽くなるセロトニン活性トレーニングを継続することで、イキイキとした生活を送りましょう。

1.セロトニンとは

セロトニンとは、脳内の神経伝達物質のひとつです。 ほかの神経伝達物質であるドーパミン(喜び、快楽)、ノルアドレナリン(恐れ、驚き)などの情報をコントロールし、精神を安定させる作用があります。
セトロニンが不足してしまうとうつ病などの精神疾患に陥りやすくなってしまいます。また、高齢による身体機能の衰えもセトロニン不足が原因だと言われています。
なので、脳の働きをよくしたいという人は、セロトニン神経を活性化させることがおすすめです。セロトニンで脳を活性化させれば、心もからだもさえた状態を維持できて、ストレスにも強くなります。